FC2ブログ

野塾練試情報刊

シーカヤック・スキー・登山・キャンプなどを通じて、友達の輪を広げよう。

08/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30./10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[edit]

trackback: -- | comment: --
page top

残念シリーズ その12

まだビールを飲んでいるところの写真をHPにアップしているようだが、もし反省する姿を装いたいのであれば、そういう疑わしい写真は全てHPやブログから削除すべきだ。もし自分の中に後ろめたい気持ちがあるのであれば、「カヤッキングの後のビールは美味しい」などと嘘を書く必要はない。誰もそんなことは信用しない。何故ならランチ時に生ビールのジョッキを掲げて乾杯をしている光景の写真を見れば、その後カヤッキングをやったのは誰だって分かることだ。

以前よりは飲酒パドリングを推測できるあるいは確実にそうしている写真の数が幾分少なくなったような気もしないではないが、今やるべきことは、飲んでいる時間を問わず全ての飲酒関係の写真をまず削除すべきだ。できれば食事関係の写真も全部削除すれば少しは脳味噌のアルコールが抜けて来たのかと誤魔化すことはできるかも・・・。そして飲酒パドリングを当たり前と思い込み誤ってワタシを攻撃したことを本当に反省したいならば、HPやブログにまずその反省文を掲載すべきだ。心の中でそう思ってなくとも・・・だ。そしてカヤッキング中のアルコールは厳禁と書いて見る勇気を実行に移せば、少しは救いはあるかも知れない。

そしてまたガイド協会の副会長などという全く相応しくない役職は捨てて、意味不明なインストラクターの看板も下ろして一から出直すべきだ。そしてカヤックのガイド業やインストに本当に必要なモノは何かを初めから考えなおすことだ。

もう一つ重要なことは、一部の飲酒ガイドのせいで他の沖縄の健全なカヤックガイドがもの凄く迷惑をしているということだ。健全なガイドのHPには、きっぱりと飲酒パドリングを否定しているだけではなく、前日の深酒もひかえるようにと注意書きがされている。どんなにアルコールに強くてもどれほど美味しくてもカヤッキングにアルコールは厳禁だという健全な意識が明確にあるガイドの方々がいて、そういう方々が物凄く迷惑をしていることを理解すべきだ




スポンサーサイト

category: シーカヤック

[edit]

trackback: -- | comment: --
page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。