FC2ブログ

野塾練試情報刊

シーカヤック・スキー・登山・キャンプなどを通じて、友達の輪を広げよう。

04/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31./06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[edit]

trackback: -- | comment: --
page top

パドル製作 5本目

最初の3本はほぼ完成して、もうあと一回の塗装をしたら完全終了です。残りの2本は今日削りだしとサンディングを終えました。重量は600gちょっと超える程度で、意外と軽いのができました。完成品で多分650g程度でしょう。しかし、雨が良く降りますので、作業が捗りません。でも大雨で家を流された方達のことを思うと、全く大したことではないのですが・・・。それにしても今年は雨の量が半端じゃないですね!これまでの日本の気候とは随分違って来ている様に感じます。

ところで話は変わりますが、久しぶりに本屋へ行きました。音楽関係の雑誌が欲しくて立ち寄ったのですが、なるべくアウトドア関係の雑誌のコーナーに行かないように入ったところ、音楽の隣がアウトドアだったので、チラッと横目で見てしまった。すると見たことがないカヌー雑誌が置いてあったので、ついつい手にとって見てしまった。どうせ見てると腹が立って来るので、音楽雑誌だけ購入してすぐに帰ればよかったのですが、中をパラパラ捲ると、やっぱり詰まらない内容が一杯詰まっていて、きっとあの馬鹿たれライターが編集したんだろうなと思ったら全くその通り。備讃瀬戸の干満差が8mもあると言うからとても印象に残っているあの方ザンスあるよ。

20年前の雑誌とほとんど変わってないのは、恐らくそういう昔の雑誌をお手本に作ったんだろうね!そしてパラパラ捲っていると、おやぁ~ウッドパドルを持ったオジサンの写真がありましたやんか。そのオジサンのウッドパドルのブレードはめっきりくっきりツルツルざんす。きっとカンナやサンディングがとってもお上手なんでしょうが、多分カヤックなんて年に数回しか乗ってないんでしょうね!人前で堂々と講習をする前に、もっと良くパドルのブレード作りを研究してみる必要があるんじゃなかろうかと、やっぱり怒っているワタクシさんでした。

多分あと100年経っても今とあまり変わってないじゃないだろうか?と思ってしまうほど進化のない雑誌でしたが、それにしてもカヤックの経験も知識も体系もなく、良くこれだけの量の雑誌が作れるなぁ~とその勇気にひれ伏すワタクシさんでした。
スポンサーサイト

category: シーカヤック

tag: ウッドパドル

[edit]

trackback: -- | comment: --
page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。