FC2ブログ

野塾練試情報刊

シーカヤック・スキー・登山・キャンプなどを通じて、友達の輪を広げよう。

04/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31./06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[edit]

trackback: -- | comment: --
page top

始業式&卒業式

IMGP5695.jpg
今年は非常に変わった天気が続き春らしくない。急に冬になったり突然夏のような日差しが現れる。が全般に寒い日が多く、土曜日は晴れてはいたが風が冷たい。普通この時期にパドリンググローブは不要だが、今年はコレがないと指先が痺れる。午前8時30分には集合場所に全員が集まり出航の準備に取りかかる。今更言うまでもないことだが、誰かが遅れるとそれだけで全体の動きが制約されてしまう。もちろん交通事情やその他の不可抗力な事情で遅れることもあるとは思うが、それはともかく、全員が時間通りに集まるということは活動の大前提であり、気持ちが良いものである。しかも集まった方々は殆どが県外の方ばかりだから尚更嬉しい。

IMGP5698.jpg
出航するときは穏やかだった海が、島の反対側つまり南側へ出ると少し風が吹いている。それほど激しい風ではないが少し強めの風になりつつある風が吹いている。小1時間ほど漕いで目的地の浜へ上陸するが、アッチコッチにゴミが散らかっている。浜のロケイションは素晴らしいが、コレではキャンプのムードも何もあったモノではない。しばらく掃除をしてから少しずつ練習に入るつもりが、南西から強い風が吹き始め、さっきまで平坦だった海は荒れ始めた。

IMGP5717.jpg
夕方になると穏やかになったのかそれとも風向きが変わったのか海の表面は少し静かになった。日帰りのドクターと一緒に何人かが再び出発点へ戻って行った。再びキャンプ地で合流して着替えを終えるといつものことながらなんだかホッとする。この日は我々にとってはカヤックの始業式であり、内君にとってはちょうどマル1年目の記念日であると同時に卒業式でもあった。なんとも早いものである。この備讃瀬戸のエリアで学んだことを、新天地で大いに活かして頂きたいと思う。

IMGP5731.jpg
翌日の日曜日は前日とは異なり風はなく海は穏やかだった。お陰でそこそこの練習というか復習をして頂いた。一番の心配は、昨年の9月に突然ロールができなくなった方が果たして元に戻れるかどうか?だった。そして水温も気温も高くない。それ故余計に心配だったが、一度も失敗なく何度も艇を復元することができひとまず安心。練習途中でできなくなることは特別に珍しいことではないが、昨年の突然の失敗は特別の要因があったのではないか?!キャンプ地へ至るルートが激潮激潮部のエリアを通過しなくてはならず、その為に極度の緊張と疲労で身体が硬直していた為かも知れない。いずれにしても、再び地元での練習に励むことができる前提を取り戻したことで意義ありの練試会になったのでは。

IMGP5728.jpg
日曜日は早朝に寒さで目が覚めた。今回は始業式と卒業式が同じ日になりその為の準備用品が多く薄いシュラフを1枚持って行っただけで、寒さは想定していた。980円の夏用と言えば、どれだけチャチな代物かお分かりでしょう。それでも食事の後には少々寒くてもぐっすり眠れるが、さすがに朝方は冷え込んだ。そろそろ良いのを買わねばと思いつつもう1年以上が経過する。朝食後は徐々に気温が上がり、荷物を詰め込み場所移動を予定していたが、入れたり出したりが大変なので、結局同じ場所で夕方まで過ごした。練習もしたがお話をしていた時間の方が遙かに長かったかも。

IMGP5745.jpg
これまで一体何日キャンプをして来たのだろうか?もう数え切れないほど経験したが、どのキャンプも殆ど楽しいことばかりだった。ホンの一部例外もあるが、大体に於いて仲間と一緒のキャンプは最高のひとときでもあったと思う。それは集まって来た方々がメンバーの皆さんが、カヤックやキャンプのことを仕事以上に真剣に考えて取り組んでいたからだとワタシは認識している。これがもし面白くない方向へ流れて行きだしたら、ちょっと待てよと立ち止まり周囲を見回す必要がある。確かにカヤッキングやキャンプは遊びだが、たかが遊びではないかと考えた瞬間に、ワタシはカヤックもキャンプも仲間も自分の周りから去って行くのではないかと思う。そしてこれらを楽しく長続きさせるには、守らなくてはならない暗黙のルールのようなモノがあると思う。それは決してワタシが決めたことではなく自然の摂理のようなものだと思う。2010年今年の島での初キャンプはそんな思いを抱いて楽しく終了。参加者の皆様ありがとうございました。そして内君は無事卒業検定合格でどうもお疲れ様でした。新天地での活躍を期待しています。
スポンサーサイト

category: シーカヤック

[edit]

trackback: -- | comment: --
page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。