FC2ブログ

野塾練試情報刊

シーカヤック・スキー・登山・キャンプなどを通じて、友達の輪を広げよう。

02/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31./04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[edit]

trackback: -- | comment: --
page top

カントリーブルースロード

カントリーロード動画

こんな動画を見ても何の役にも立たないし面白くも何ともないはずだが、まぁ3月の中頃にもこんなことがありますよって程度の意味で掲載。渋滞だったって言ってたが、岩国の手前の峠では少しの区間だけスムースに走れた。この程度の雪で、高速を追い出されたのは少し癪に障るが、お陰で思う存分ドライヴを楽しむことができた。ドライヴは元々好きではないが、何故かアッチへ行ったりコッチへ来たりとしなくてはならないときに、持つべき友がいると随分時間の経過が楽しい。今回は33年前に邂逅した音楽の友と33年ぶりに一緒に行って来た。車を運転しながら、何回も何回も馬鹿みたいに同じ曲を聴いてナッシュビルを歩いている自分を想像してみた。そして気が狂うほどその音源に痺れてみたいものだとそんなことばかりを考えてひたすら車を走らせた。

ワトソンのレコードを初めて買ったのは多分神戸三宮か元町のどこかの楽器店だったと思うが、あれからもう30年以上も聴いていない。ちょうど山歩きを始めた頃の記憶を蘇らせてくれる彼の曲をCDに収録して車で聴ける有り難さは、これからのワタシの方向性を何らかの意味で暗示しているのかも知れない。人には色々な感性がありそれに応じて考え方も生き方も違って来ると思うが、意識するしないにかかわらず気持ちが収束して行く対象があれば、まず利益になるかならないかを考えるのが一般的だろうが、ワタシの場合はどこまで気持ちが自然に動き出すかがいつも最大の関心事である。しかし自慢ではないが、小学生の頃の音楽評定は5段階の1であり、美術は2程度の能力と言えない程度の能力は今も何ら変わりはないことは充分自覚しているが、学校では全く習わなかったワトソンの音源に対しては、身も心も吸い込まれて行きそうになる。吸い込まれて行ったらその先どうなるのかはさっぱり分からないが、例えそこが奈落の底であるかも知れなくても、ひょっとしたら生の原点があるかも知れない予感を感じずにはおれない現況をある方にお伝えしておこうと思う。
スポンサーサイト

category: 雑記

[edit]

trackback: -- | comment: --
page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。