野塾練試情報刊

シーカヤック・スキー・登山・キャンプなどを通じて、友達の輪を広げよう。

10/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30./12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[edit]

trackback: -- | comment: --
page top

SAWAYAKA島ナイトトレッキング

IMGP4789.jpg
シーカヤックに荷物や食料を一杯詰め込んで島へキャンプツアーへ出かけるときに、我々はしばしばナイトトレッキングに出かけます。目的地の島へは早くてお昼過ぎ、遅くても3時か4時には到着します。暖かい時期には、テント設営後に入り江で1~2時間ほど練習をします。それから着替えをして、夕食の準備に入ります。食事も済ませお腹が少し落ち着いた頃、8時頃にキャンプ地周辺の散策に出かけます。

IMGP4778.jpg
ナイトトレッキングは決して強制ではないですから、食後に歩くことよりもアルコールの方を優先される方もいます。それもまた楽しみの一つでそれを選択することも自由だと思います。しかし、毎日仕事が終わり疲れたと言っては晩酌をして、休日には折角のお休みだからと言って昼間からビールを飲んで、桜咲く頃には花見と言っては酒を飲み、お盆には来客と一緒に飲み、お正月だからと言っては浴びるほど飲んでいたら、いつしか人間の最も人間らしい部分が徐々に欠落してくるのではないだろうか?と全くお酒が飲めないワタシは危惧しながら、この文章を書いています。

IMGP4783.jpg
「酒は飲むべし百薬の長」かも知れませんが、「過ぎたるは及ばざるが如し」でもあると思います。酒に溺れて、仕事やチャンスや大切な人を失ったと言う話は山ほど聞きますが、それによって新しいジンセイが切り開かれたと言う話は聞いたことがありません。ワタシ自身の経験からは、日頃は練習熱心で本当に温厚で大人しい優しい方が酔っぱらい、深夜から朝までもの凄い剣幕で「説教された」ことがありましたが、お酒が入ると全く人が変わり、意味不明の言葉を発し、思考停止状態になっていたのかも知れません。

IMGP4788.jpg
いつもいつも浴びるほどアルコールを身体に取り入れておられる方は、偶に出かけるシーカヤックのキャンプの時くらいは、断酒されることも必要なのではないかと思います。歩いて山に登り汗をかき身体に染みこんだアルコールを全部放出して、こんな綺麗な夜景を見れば、年々低下してくる思考力にも良い影響を与えてくれるのではないでしょうか?!

IMGP4791.jpg
こんな夜道を歩いて何が楽しいのか?と仰る方もいると思いますが、日頃から歩く習慣を身につけていると良いことがいっぱいあるような気がします。街を歩いていても、買い物に行くときでも、歩く楽しみを身につけていると、凄く得をしたような気分になれるのはワタシだけでしょうか?!何かで疲れてしまった時、問題を抱えて行き詰まった時、思考力が停止した時に、ワタシは外に出て歩きます。歩き倒します。そして戻って来て風呂に入ってシャワーを浴びて、珈琲の一杯でも飲めば、再び気力が回復しているのが実感できます。こんな時にまた良いアイデアも生まれて来ます。

長いようで短いジンセイですが、少しでも良い方向へプラスの方向へ進めて行きたいものです。お酒は飲むなとは申しませんが、ほどほどにして頂きたいと思います。
スポンサーサイト

category: シーカヤック

[edit]

trackback: -- | comment: --
page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。