FC2ブログ

野塾練試情報刊

シーカヤック・スキー・登山・キャンプなどを通じて、友達の輪を広げよう。

06/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31./08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[edit]

trackback: -- | comment: --
page top

通常キャンプ練試会

IMGP3756.jpg
雨上がりの情景。遠くの山々がとても透き通って見えます。いつも見る景色ですが、年に一度あるかないかのクリーンエアービューです。この景色を見ながら、フォワードストロークの形を追求する新人会員のカヤックに対する情熱は熱い。

IMGP3788.jpg
日頃はラダー付きカヤックに乗っておられるせいか、ラダー無しのラサにちょっと戸惑い気味です。最初はなかなか思うようには進まないカヤックが夕方には、ほぼ思うところへ行けるように。軽量カヤック軽量パドルのお陰で、何時間漕いでも疲れが出ません。練習も大切ですが、やはりそれを支えるのは優れたカヤックの性能ということでしょうか?!

IMGP3790.jpg
このふたりはパドルを持たずに練習をしています。右のハンドRから左のハンドRへ。あるいはハンドストロークでどこまで漕げるかとか。はたまたカヤックに乗ったままどこまで泳げるか?など普通のスクールではまずやりそうにないことを沢山やりました。そんなことをして何の役に立つのでしょうか?って、・・・。なんの役にたつのでしょうねぇ~?少なくとも昼間からビール飲んでゴロゴロするよりは相当マシだとは思います。

IMGP3799.jpg
昼間はかなりの集中豪雨が予想されましたが、パラパラと降った程度で、大したことはありませんでした。いつもの練習エリアは、いわば四国でもなければ岡山でもない非常に特殊なエリアだと思うのです。時に降水確率90%でも晴天に恵まれることもある雨の少ないエリアなのです。雨で参加を躊躇して心が折れそうになりながらもキャンプに合流して頂き感謝です。お陰でこの日もまた楽しい食事会になりました。

IMGP3804.jpg
仕事も一段落してカヤックの錬成に熱が入るカッパ天国殿。菊様の影響で食事は炊飯にはまり米食の虜になったようです。しかし炭水化物の取りすぎは、中間ポジショニングの動きにはあまり影響はないですが、転覆からの復元系の動きには悪い影響が出ますので、要注意です。


IMGP3801.jpg
カッパ天国殿は、現在ノーライトデザイン社のカーボンシオンに乗っています。重量は僅か14~15kgで、超軽量と言えるでしょう。コックピットの間口はラージですが、膝やお尻の収まり具合はピッタリです。前後にラージハッチがありますので、当然ツアーにも使えます。この艇もラサに引き続き人気急上昇中です。
-- 続きを読む --
スポンサーサイト

category: シーカヤック

[edit]

trackback: -- | comment: --
page top

シーカヤック夏の練試会 その2

IMGP3655.jpg
夏の練試会、後半のレポートですが、ワタシの身体の具合を除いてはほぼ順調な経過でした。ワタシはいつダウンしてもおかしくないほどのバテようでスタートしましたが、参加者の皆様の栄養補助に助けられ、何とか終了まで倒れる事なく続けられました。

IMGP3658.jpg
食事が終わると、各自丁寧にガス器具や食器を綺麗にしてケースに入れて片づけをしてしまいます。これが疲れていると、全くそのままの状態で次の食事をむかえることになるのです。それが更に食事作りの意欲を殺いでしまうことには気が付いているのではありますが、・・・。

IMGP3566.jpg
さすがに昼間はテントの中に入って休憩をすることはできませんが、夜はフライシートをかけたまま、尚かつ網戸にしなくても暑くないのです。これを冷夏と言わずナンと表現できようか?!7月も半ばを過ぎて、テントの中が快適であるということは、ある意味で異常です。

IMGP3741.jpg
そしてテントのすぐ側には、これまで見たこともない大きな「椎茸」が生えていました。全く食べれないくそ茸ではありますが、何故か椎茸に香りがそっくりだったので、「椎茸」と書いたのですが、これも異常気象の産物だろうか?

IMGP3764.jpg
お馴染みのシオン3分割のレディは現在3ヶ月を少し過ぎたところです。新しく習得した技術が何々と書くのも面倒くさいほど、次々に新しい技術を吸収してくれる。一般的に難しい技術と思われがちな技術ほど早く吸収しているようだが、目立たない細かいパドル操作は、経過年数相応で経験者と呼ばれるには、もう少しの時間が必要でしょう。
-- 続きを読む --

category: シーカヤック

[edit]

trackback: -- | comment: --
page top

極楽練試会 長期キャンプ研修の巻き巻き~ その1

IMGP3612.jpg
神戸から楽しいメンバーがまたまたやって来ました。夏になると思い出すシーカヤックの醍醐味と無人島の香り。しかし楽しいメンバーが揃えば揃うほど時間の経過もそれに比例するかのように早く過ぎて行きます。

IMGP3549.jpg
昼食後の休憩タイムですが、全員草むらと同化しています。真夏だとあり得ない光景ですが、今年の日差しはだいぶ弱く、水に濡れた体にはちょうど良い気温でした。そして日頃のストレス発散には最高のコンディションでした。

IMGP3568.jpg
沢山の参加で所狭しとテントが立ち並びます。キャンプ練試会で最低限必要な道具は沢山ありません。テント・マット・シュラフ・ヘッドライト・コッヘルセット・携帯用コンロ・その他です。グループだと全員が全部揃える必要はありません。

IMGP3557.jpg
カヤックのコックピットに後ろ向きに乗ってみました。なかなか乗り心地が良く、イージーライダーの気分でした。だからどうしたって?訊かれても大した意味はありません。
-- 続きを読む --

category: シーカヤック

[edit]

trackback: -- | comment: --
page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。