野塾練試情報刊

シーカヤック・スキー・登山・キャンプなどを通じて、友達の輪を広げよう。

01/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28./03

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[edit]

trackback: -- | comment: --
page top

個人的用事など

昨日今日個人的な用事で事務所を留守にしていました。今朝、実家にて目を覚ますと雨が降っていましたが、車で外出すると、雪が混ざっていました。外の風がやや寒さを取り戻した感じだが、なんとなく今年は天気がおかしい。例年なら、寒すぎる2月で、仄かに春の兆しを感じると嬉しいのだが、今年は、寒波がくると逆に少し安心する。2月はやはり徹底的に寒くないと、落ち着かないのは、スキーをするためだけではなく、気持ちよい春を感じるためにも必要なことかも知れない。

ところで明日の空楽山スキーは、遊楽山へ変更します。参加予定の皆様、宜しくです。
スポンサーサイト

category: 雑記

[edit]

trackback: -- | comment: 0
page top

観光系から実証系へ その8

年末に、備讃瀬戸から出航して四国の太平洋側まで到達してから、「そろそろ戻ります」と言う連絡が入りました。この年の年末年始は特別に冬型の気圧配置が連続して、しばしば強風波浪注意報が出されていました。志度湾まで戻って来て、そこから小豆島を経由して、岡山まで戻って来るときに、北または北西の強風に阻まれて、戻って来れないような天気にならなければ良いと思っていました。多分元日だったと思いますが、志度湾まで戻って来た彼から連絡が入りました。
-- 続きを読む --

category: シーカヤック

tag: 強風波浪 迷惑団体 観光系 実証系

[edit]

trackback: -- | comment: 0
page top

観光系から実証系へ その7

観光系の方が、自分たちも実証系の世界に、憧れ観光系から抜け出して実証系の世界へ入って行きたいのであれば、その為の方法論はひとつしかありません。それはどんな方法かは、既に書きました。それ以外に方法はないのです。毎週地道に錬成を重ねていくしかないのです。「ローマは一日にしてならず」ではないですが、実証系の一番美味しい部分を味わうにしても、そこへ至るプロセスも大変重要です。
-- 続きを読む --

category: シーカヤック

tag: パドル習熟 指導法 文化論 観光系 実証系

[edit]

trackback: -- | comment: 0
page top

新しい時代の新しいカヤック その4

新しい時代の新しいカヤックを考えるときに、まず最低限必要なことは、軽いこと、短いことです。そして更にラダーやスケッグが装着されていないことです。またパドルもこれと切り離して考えることはできません。そして値段です。ここまでは表面的な内容ですが、性能面では、初期安定が良くて、取り回しが良くて、風の影響を受けず、尚ロールがやりやすく、かつスピードが出る必要があります。そんなカヤックがあるはずがないと思われる方も沢山おられるでしょう!ひょっとしたら一生かかっても見つからないかも知れませんが、この日本に1~2艇ならあるかも知れませんョ!
-- 続きを読む --

category: シーカヤック

tag: 他力本願

[edit]

trackback: -- | comment: 0
page top

観光系から実証系へ その6

人の生き方は様々で、従ってその遊び方も様々であっても良いし、むしろそうあるべきだと思います。常日頃から、人の真似をするのではなくて、独創的であるべきと考えています。しかし、こうして長々と書いてきたのは、自然との対話の方法や遊び方のアプローチの仕方が、あまり研究されていないのではないかという危惧が背景にあります。あまりにもインスタント過ぎて、大自然を舐めているのではないか?また普通の人が普通に持っている自然との対話能力の潜在性に全く気づいていない、多くの野外活動指導者の存在に大いに疑問を抱いているわけです。そうした「自然との対話能力」をほとんど持っていない人を「指導者」と認定する不思議な「協会」が存在することも、皆さん是非知っていて欲しいと思います。自然と対話する能力を持とうとするあるいは向上させようとする意志のない人達が、インスタントな認定指導者を生産しようとしている背景には、健全なる野外活動の基本的思考が完全に脱落しているとしか思えません。


-- 続きを読む --

category: シーカヤック

tag: 認定指導者 アプローチ 迷ガイド 缶ビール 野外活動

[edit]

trackback: -- | comment: 0
page top

観光系から実証系へ その5

自分自身の心の中に発生する「恐怖心」と対峙して、「錬成する」楽しさやその活動の将来性を実感することができるようになると、技術的なレベルを越えて仲間と共に楽しめるようになると思います。なるはずです。実証系の世界では、他の人よりも速く漕げるとか、誰かよりもロールが上手いとか、そうした競争的な意識はあまり重要ではありません。

-- 続きを読む --

category: シーカヤック

tag: 恐怖心 カヤックマラソン 錬成 インスタント 布カヤック

[edit]

trackback: -- | comment: 0
page top

観光系から実証系へ その4

さていよいよ最終段階に近づいて来ましたが、観光系と実証系の明確な違いがそろそろ分かって来ます。ただ単に練習するとかしないとかの違いではなく、根本的な違いがどこにあるのかをご理解していただけるのではないかと思います。
-- 続きを読む --

category: シーカヤック

tag: 逆説的 シーカヤッキング ペーパーラクター

[edit]

trackback: -- | comment: 0
page top

観光系から実証系へ その3

ここまでは単なる旅行から始まり、旅先で何かを体験する参加型のツアーへ、そこから更に地元での活動に芽生え、単なる活動から、「自然との対話」へと発展していくタイプの人に焦点を当てて話を進めています。「自然との対話」と言っても、抽象的で分かり難いと思いますが、これについて少しずつ説明していきたいと思います。これがNO-6の段階へ発展していく契機になります。
-- 続きを読む --

category: シーカヤック

tag: 海との対話 自然との対話 刹那的対話

[edit]

trackback: -- | comment: 0
page top

観光系から実証系へ その2

前回の内容は、色々な場所へ旅行に出かけて、名所や博物館などを尋ね、美味しい食事に宿を楽しんで戻って来る最も初期段階の観光スタイルについて書きました。この次の段階としては、旅行に行ってただ何かを見て帰って来るだけでは何だか詰まらないと考えるようになった人々は、体験型のツアーを念頭に入れるようになります。

-- 続きを読む --

category: シーカヤック

[edit]

trackback: -- | comment: 0
page top

観光系から実証系へ その1

最近では、あまり言われなくなったと思いますが、カヤックスクールを始めてしばらくしてから、随分酷いことを言われたものです。特にロール教室と小豆島ツアーなどがターゲットになっていたと思いますが、その当時何故、酷いことを言われるのか、全く理解できませんでした。しかも一般の方に言われるのではなく、カヤックショップや観光のシーカヤックガイド達に、言われたのですから、非常に理解に苦しみました。しかも、会ったこともないガイド連中に言われるのですから、これまた不思議でした。
-- 続きを読む --

category: シーカヤック

tag: 観光系ガイド 実証系スクール

[edit]

trackback: -- | comment: 0
page top

新しい時代の新しいカヤック その3

新しい時代のコンパクト系を考えるときに、ひとつの反省材料として、これまでの色々なカヤックを検証していくことは大変重要なことだと思います。また今自分が使用しているカヤックがどういう目的で作られたカヤックなのかをしっかり把握しておくことも大切だと思います。
-- 続きを読む --

category: シーカヤック

tag: グリンランドカヤック 初期安定 コンパクト

[edit]

trackback: -- | comment: 2
page top

遂にやっつけてやった!

今日でもう2週間になるでしょうか?にっくきアイツを遂にやっつけてしまいました。ざまぁ見ろってんだ。馬鹿野郎めが・・・。何を使って退治したのか?準備したモノは、霧吹き+薄めた洗剤+ティッシュペーパー。

先日雪中キャンプの時に持って行った灯油ストーブの灯油が車のシートに少し漏れて、車内は灯油臭くて溜まらない状態が続いていました。ネットで色々と調べてやっみましたが、どれも効果ありませんでした。

それで、霧吹きで薄めた洗剤を直接シートに吹き付け、ティッシュでシートを叩くようにして、拭き取りました。これでもかこれでもかと繰り返すこと、1時間以上。今日は完全に叩きのめすことが出来ました。

これで今日から「認定」シートクリーナーのインストラクターですから、お困りの方がいたら連絡下さい。認定ですから、「確かな技術と安全を提供」できますよって、???。

category: 雑記

[edit]

trackback: -- | comment: 0
page top

新しい時代の新しいカヤック 

カヤック始めてからもう20年をはるかに越えてしまいました。色々なカヤックに乗りました。長いカヤックも短いカヤックも、大きなカヤックも小さなカヤックも乗りました。重いカヤックも軽いカヤックも乗りました。そして最近やっとカヤックのことが分かるようになりました。一概にこのカヤックが良くて、あのカヤックが良くないとは言えないかも知れませんが、歴史的な流れのようなモノが見えて来ました。
-- 続きを読む --

category: シーカヤック

[edit]

trackback: -- | comment: 0
page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。