野塾練試情報刊

シーカヤック・スキー・登山・キャンプなどを通じて、友達の輪を広げよう。

04/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31./06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[edit]

trackback: -- | comment: --
page top

指導者資格

何の反省もなく、つまりお酒を飲んでカヤックに乗ったりガイドすることが危険極まりないと言うことを理解することなく、安全講習の講師などを務めるなんて言語道断。しかも堂々と行われていることもまた大きな問題だ。法律で禁止されてないからとかあるいはアルコールには強いからとかそういった理由で、飲酒パドリングをやっても良いと思っている人はかなり沢山いるでしょう。カヤック雑誌などでも何の後ろめたさも感じずにレポートを書いている馬鹿な奴がいるくらいだから。

また安全を看板にあげながら飲酒パドリングは例外とでも考えているような任意団体の協会もある。飲酒パドリングを禁止できないような協会は、その存在意義を全く持たないが、そこに所属する公認ガイドが、そこに所属しないガイドあるいは指導者を、「飲酒パドリングを禁止する活動をしてはいけない」と言ったような批判をすれば、逆にその協会のガイドや指導者はみ~んなそんなことをやっているんだと理解せざるを得ない。

つまりアルコールを飲まずにカヤックの指導やガイドなどやってられないと考える人達の団体であり協会ではないのかと考えざるを得ない。そこの協会に所属して、何を勘違いをしたのか、黙ってこっそりやってりぁ良いものを、堂々とアルコール飲んでやっているガイドが飲まずに健全にやっているガイドを批判するなんて、これほど名誉毀損なことはない。しかし、ごめんなさいの一言もないから、当然まだ「お酒のめのめツアー」をやっているのだろう。

このままで済むと思ったら大間違いだ!
スポンサーサイト

category: シーカヤック

[edit]

trackback: -- | comment: --
page top

公認の飲酒パドリングガイド

このところ多忙を極め他所のカヤックガイドの面倒を見る時間も気力も殆どないのだが、まだまだ反省の色が少ないようなので少し書いておく。

何度も同じようなことを書くが、アルコールを飲んでカヤックに乗る奴は海で遊ぶ資格はない。JSCA(ジャスカ)の資格は取れるかも知れないが海へ出る資格はない。ましてやガイドをしたり講習をする資格などあろうはずがない。

そう言えば、HPにJSCA(ジャスカ)の看板を自慢そうに掲げていたのをいつ下ろしたのだろうかね?!そしてまたなぜ下ろしたのだろうかね?不思議だね。堂々とJSCA(ジャスカ)の看板を掲げて、如何にも楽しそうに缶ビールを片手にシーカヤックに乗っている写真を堂々とHPに掲載していたのに、全くどういう風の吹き回しだろうかね?まさか、反省したということはないだろうね!

もうひとつそう言えば、シーカヤックに乗りながらの缶ビールの光景が、ちょっと見たところ、なくなっているのだが、誰かに注意でも受けたんかのぉ~?まぁそのこと自体は良しとしても、だからと言ってこれできっぱり飲酒パドリングを止めたんだな!と思う人は皆無だろう。その他の画像を見れば、アルコールの香りがプンプンしていて、やっぱり飲んでからカヤックに乗ってるんだろうと容易に想像がつく。

仮に正真正銘飲んでいなくても、HPの写真を見る限り、それと過去の言動や行動を見る限り、飲酒パドリングをやっているに違いないと誰しもが思うだろう。全く飲酒と縁のないガイドをネット上で堂々と批判するほどの無知と「勇気」を備えた方が、いきなり反省して止めるなんてことは到底考えられない。

断っておくが、キャンプの夜や民宿などの夕食の時にまでアルコールを飲むなと言っているのではない。しかし本当に反省する気があるのなら、飲酒パドリングに繋がるような、あらゆる意味で「繋がるような」画像は控えなさいと言っているのだ。

沖縄の海で飲酒パドリングガイドをしていようがいまいが、本来なら全く気がつかないし興味もないことだったが、わざわざ私のHPのアドレスまでリンクして、飲酒パドリングをしていない私をいきなり批判をしてきたりしなければこういう非常に恥ずかしい事態にはならなかったとおもうのだが、プロガイドがアルコール飲まずにやれる訳ねぇだろうとイチャモンをつけてきた代償は決して小さくはないと思え。

category: シーカヤック

[edit]

trackback: -- | comment: --
page top

シーカヤッキングの安全パドリング

シーカヤックに乗る場合、その人が一般の方でもまたプロの方でもビールなどのアルコールを飲んで海に出てはいけないことは、誰でも分かることだと思っていました。しかし現実にはそうでないようです。アルコールを飲んでカヤッキングをしている人達の中には、良くないと自覚しつつ隠れるようにやっている人もいれば、カヤックの場合は法律で禁止されている訳じゃないからかまへんと堂々と飲みながらパドリングしている人もいるようです。

まぁここまでは現実としてさもありなんと特別驚くべきことではないとしても、カヤックを仕事にしているガイドが白昼堂々とアルコールを飲み、そして参加者であるお客さんにも飲ませてツアーをやっている現実には恐ろしいと言うか愕然として全身から力が抜けて来る思いです。そして更には「飲酒パドリング厳禁」をして全く以って健全なカヤックスクールを批判までするに及んでは、カヤックの世界にはもう全く常識と言うものが存在しないのだろうかと暗澹たる気持ちにさせられます。

幸いにもまだ死傷者や遭難者を出したと言う情報は届いてないので、その飲酒パドリングガイドの現状はクローズアップされるところまでは至ってないようです。ただ犠牲者を出していないから、あるいは気をつけているからやっても良いということにはならず、1日でも早くガイドのあるべき姿を模索して頂きたいものです。

もうひとつ驚くべきことなんですが、こうした飲酒パドリングガイドがツアーガイドだけでなくカヤックの安全講習会などの講師もやっているようで、どういう神経をされているのか私にはさっぱり理解できません。いつも飲酒運転をしているおまわりさんが車の安全講習の講師をしているのと同じですよね。車は駄目だけれどもカヤックならOKなんでしょうか?そんなことはないはずです。

年間でどれだけの時間を割いて安全講習会をやっているのかは知りませんが、仮に何百回やろうとも、自分のツアーでアルコールを出した時点でガイド失格な訳で、犠牲者を出す前に胃袋の欲望を抑える訓練をした方が良さそうです。因みに、この飲酒パドリングガイドはJSCAの認定ガイドらしいのです。JSCAだったら飲酒パドOKな訳はないでしょう!

話は若干逸れますが、備讃瀬戸の宇野港の港湾からカヤックを出し入れしてツアーをやっていたり、コックピットに一杯ビールを積んで、スカートもしないで漕いでいたり、初心者をほったらかしにしてグループがバラバラになって自分だけ先頭で漕いでいたガイドも、そう言えばJSCAのインストラクターだったのを思い出します。


category: シーカヤック

tag: 観光系 飲酒パドリング シーカヤック

[edit]

trackback: -- | comment: --
page top

残念シリーズ18

先日カヤックの事故があったようです。アルコールを飲んでいたようです。でもそれが原因かどうかは分かりません。でも多くの人はそう思うでしょう。アルコールをビールを飲んでいたんだって、事故が起きても全然不思議じゃないよね!今まで事故が起きなかったことの方が不思議ですよね!あの人仕事の時も家にいる時もずっと飲んでいましたからね。でも周りの人たちはどうしてそれを制止することができなかったのでしょうかね?!いやぁ~もうあんなになってしまったら人の言うことなど聞く耳を持たないですからね。おまけに飲まない人の悪口まで言う人ですから、最後は海に飲まれちゃったんでしょうね!

でもそれにしてもあんなにいっつもどこでもビールばっか飲んでからに、安全講習だのやってさぁ~一体どんな神経しているんでしょうねぇ~?いくら体力があっても上手だったとしてもそんなの説得力ゼロじゃないですかね?!沖縄だけそれが許されるとでも思ってたんでしょうね!この人の功績と言ってはナンデすが、あんなに正々堂々とアルコール飲んでカヤックに乗っているのに、指導者とかガイドなどの看板をあげてその組織から何らの注意もないようだし、資格剥奪もされてないみたいだから、そういう組織は逆に要注意的な組織だってことを教えてくれているんじゃないかとワタシは思う訳なんですわぁ~!

ある弁護士がこの協会は日本で最も優れた協会だとHPに書いてあるのを見たことがあるけれども、その協会の看板を挙げて飲酒パドやってるんだから、なんのこっちゃない。ナニがどのように優れているのかを書いてないから、皆さんで勝手にその内容を想像して下さいとでも言うのでしょうかね?本当に優れた協会ならば、飲酒パドリングが発覚した時点で資格剥奪が当たり前でしょう。それがないところを見ると、適当に人数だけを揃えて適当に作った協会だって誰も感じるし思っても不思議ではないでしょう。

ワタシがアルコールを飲んでカヤックをやらないのは、飲めるとか飲めないと言った理由からではなく、カヤッキングが台無しになるからです。もちろん危険性が増すからだということは当然ですが、第一に楽しくないし向上にも繋がらない。そういうことは誰かから言われなくても指導者はガイドは当然のこととしてカヤッキングの前提になってなくてはなりませんが、沖縄だけは例外とでも言うのでしょうかね?

沖縄の健全な指導者&ガイドの皆さんは、今こそ声を大にして「飲酒パドリング禁止」を訴えなくてはならないと思います。やっている人が何かの理事をしているとか、どこぞの協会の役員をしているとかそういうことは一切関係ありません。誰だろうと良くない事はよくないのです。有名だからとか作家だからとかも関係ありません。危ないこと危険性が増すことは絶対にやってはいけないのです。そのガイドひとりが死ぬのではなく参加者まで巻き込んでしまう可能性を、周囲が教え込まなくてはならないのではないでしょうかね!

アルコールを飲んでいなくてカヤックでの事故で亡くなった方がきっと言うでしょう。酒飲んでなくても事故に遭ったんだから酒飲んでいたらより一層危険が増すのは子供でも分かるだろうって!

うちの父ちゃん酒飲んでカヤックで逝っちまったんだ。
うちのかぁちゃんが言ってたよ、ついに父ちゃん行くとこ行っちまったよ。
となりのおばさんが言ってたよ、あいつの脳味噌の9割がアルコールまみれだったんだ。
そう言えばあいつ小学生の頃からアル中だったんだよ。



category: シーカヤック

[edit]

trackback: -- | comment: --
page top

残念シリーズ その17

いやぁ~本当に残念です。残念すぎますね!恐ろし過ぎます!困ったモンです!ワタシはこういう方には基本的に遭いたくもないし夢も希望も抱けないし友人にも知り合いにもなりたくはないのですが、真面目にやっている人にイチャモンをつけてこられたら黙ってられないですからね!

考えてみるに、~協会所属とか~協会認定とか~理事とかこういう肩書きを並べ立てている人をみるとどうも胡散臭い感じがしていたんですが、これはものの見事に酷い最悪ですね!これじゃ飲酒による死亡事故が出るまで周りの人も見て見ぬふりなんでしょうね!事故でも起こした日にゃ一体どんな言い訳をするんでしょうかね???

それともう一つ思ったのでありますが、このインチキガイド氏が所属している協会とか団体が如何にいい加減でインチキな組織なのかということも考慮するべきと皆さんに提案しておきますね!真面目にやっている人で多くの人に貢献をしようと頑張っている人で、この方の関係団体に所属されている方は、身の置き方を一度考え直された方が良いのではないでしょうかね?!余計なお世話ではありますが・・・

あ~あのインチキ協会所属ですか?なら飲酒パドリングOKですね!アナタもやってるんですか?それってガイド失格ですよ~!って一般の方々から見放されますからね!

ワタシも少し考え方を変えましたので、山が動くか海が荒れるかチョッと観察して見たいと思います。





category: シーカヤック

[edit]

trackback: -- | comment: --
page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。