FC2ブログ

野塾練試情報刊

シーカヤック・スキー・登山・キャンプなどを通じて、友達の輪を広げよう。

06/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31./08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[edit]

trackback: -- | comment: --
page top

空楽山雪中キャンプ2/20~21

~雪中キャンプ日程~

今週末の2/20(土)~21(日)は、下記日程で実施致します。
・2/20(土):午前11時 練試会事務所集合~11時30分発~空楽山到着2時30分頃。
           ~活動種目はスノーシュートレッキングその他~
           ~所定場所にて大型テントで雪中キャンプ・夕食は鍋系です。~

・2/21(日):午前8時30分活動開始~正午まで~片付け終了~帰還
           ~活動種目はスキー・テレマーク・スノボー

・準備するモノ:テント・マット・シュラフ・ヘッドライト・コッヘル・カップ・食料・その他
           ~大型テントの中で寝る場合はテント不要~
           ~食料は最低2食分を準備下さい。鍋モノ対応でお願いします。~
スポンサーサイト

category: キャンプ

tag: スキー スノボー スノーシュー

[edit]

trackback: -- | comment: --
page top

スキー&スノーシュー

IMGP5423.jpg
スノーシューはもう随分前からありました。「ありました」というか2年前にノーライトデザイン社から持って帰りました。小柄な人から大きな体格の人まで使えるように5~6種類ほどのスノーシューを持って帰りました。がワタシも石井君もそれに見合ったブーツを持っておらず、このところスノーシューの機運も高まりつつあるので、昨日買いに行きました。

IMGP5427.jpg
ブーツコーナーを一通り見て愕然としながら、スノボーのシューズのコーナーでこの23.5cmのブーツを見つけました。石井君の足にもスノーシューにもぴったりサイズでした。因みにお値段は5000円でした。これで4本場のアイゼンでも揃えれば、スノボー・スノーシュー・冬山登山ができ1石3鳥ですが、あまり欲張るとろくなことはありませんので、取りあえずは低山雪山歩きくらいからスタートですね!


IMGP5429.jpg
そしてそして全く買うつもりがなかったスキー板は、これまたあまり好きではないメーカーではありましたサロモン。どちらも上級モデルで定価は80000円。スキー板コーナーでは、初級・中級者用の板はあまり売れていませんでしたが、この上級モデルはよく売れていて、もうこの2本しか残っていませんでした。つまりこれから新しくスキーを始める人は比較的少なく、何年も続けて滑っている人がある程度いて、その人達のスキー熱はまだまだ冷めてはいないということを現しているのかも知れません。因みにお値段は約50%オフでしたので、かなりお買い得ではないかと・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
~2/13(土)の予定~
明日もまた空楽山へ行きます。参加予定の皆様宜しくお願いします。


category: スキー

tag: スキー スノーシュー ブーツ 低山雪山トレッキング

[edit]

trackback: -- | comment: --
page top

雨の木曜日

今日は軽登山靴またはスノーシュー用のトレッキングブーツを探しに某アウトドア店へ行った。先日、石井君を連れて近場の靴店を探して回ったが、心惹かれるブーツは見あたらなかった。どんな風に心がときめかなかったのか?端的に言えば、実際に山に入ってキャンプをしながら歩き回る人を対象には作っていない靴と感じた。それはどんな点で?まず雨が降ったり、泥濘を歩いたりすると一発でやられる程度の材質で、おまけに靴底が柔らかすぎる。また足首が短すぎでちょっと良さげなブーツは4万円も5万円もする。ゼロが一つ多いのではと思う。今の時代、それくらいはしまっせぇ~っと仰る方もいると思うが、メーカーは恐らく我々を全く対象から外しているのに違いない。ではどんな人を対象に?山に登りたいが、どちらかと言えば町中をショッピングをしながらブラブラ歩きをする人達を対象にしているのだろう。毎週歩こうと心に決めて、年に数回天気の良いときだけ里山にお散歩に行く人達を対象にしているのだろう。どう見てもそうとしか、ワタシには思えない。

インターネットで調べても、大抵がジョギングシューズに毛が生えた程度の、お散歩シューズばかりである。最もワタシのようなモンを対象に良い靴を作っていたのではあまりにも人口が少なく、儲けが出にくいという現実があるのは分かるが、しかしある程度頑丈で石を蹴飛ばしても大丈夫なような靴も作っていかないと、逆に「その程度」の客層からも見放されてしまうのではないか?!

岡山市内のアウトドア店へ行っても期待する靴は置いていないだろうと思っていたが、案の定ろくなシューズはなかった。ある意味で期待する靴は置いてないことを確認する為に行ったようなもんだから、「やっぱりね」と思っただけである。しかし石井君のスノーシュー用のブーツがないので、何とかして探さなければと思い、スノボー用のブーツ売り場をウロウロとしていたら、エライこぢんまりとした足サイズピッタリのブーツが見つかってしまった。スノーシューはあるのにブーツがなければ、いかんともしがたいがこれで何とか5人揃って雪山トレッキングができそうだ。

と、実はここまでが「まえふり」である。買いもしない買うつもりもないのにスキー板のコーナーを見て回っていたら、石井君がこともあろうに買う気を起こさせるスキー板を見つけてしまった。初球中級用の板はだいたい30%オフになっていたが、中上級者用の板は40~50%オフで恐らくは仕入れ原価程度の値段が付けられていた。「これ安いわね。しかもよさげね!」っていうもんだから、ついつい店員を呼びつけて、2セット一緒に買ったら更に安くなりますよね!このお店ならそこまでやりますよね!って、駄目もとで迫ると、更に2000円もプライスダウンしてくれた。お陰で、靴を見に行くだけの予定が、スキー板を買う羽目になってしまった。これでバラキさんが、テレマークに専念している間にワタシはグ~~~ンとアルペンの腕を上げることになるのかと思うと、今週末が待ち遠しい。

category: 雑記

tag: スノーシュー 登山靴 トレッキング ブーツ

[edit]

trackback: -- | comment: --
page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。