野塾練試情報刊

シーカヤック・スキー・登山・キャンプなどを通じて、友達の輪を広げよう。

04/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31./06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[edit]

trackback: -- | comment: --
page top

シーカヤッキングの安全パドリング

シーカヤックに乗る場合、その人が一般の方でもまたプロの方でもビールなどのアルコールを飲んで海に出てはいけないことは、誰でも分かることだと思っていました。しかし現実にはそうでないようです。アルコールを飲んでカヤッキングをしている人達の中には、良くないと自覚しつつ隠れるようにやっている人もいれば、カヤックの場合は法律で禁止されている訳じゃないからかまへんと堂々と飲みながらパドリングしている人もいるようです。

まぁここまでは現実としてさもありなんと特別驚くべきことではないとしても、カヤックを仕事にしているガイドが白昼堂々とアルコールを飲み、そして参加者であるお客さんにも飲ませてツアーをやっている現実には恐ろしいと言うか愕然として全身から力が抜けて来る思いです。そして更には「飲酒パドリング厳禁」をして全く以って健全なカヤックスクールを批判までするに及んでは、カヤックの世界にはもう全く常識と言うものが存在しないのだろうかと暗澹たる気持ちにさせられます。

幸いにもまだ死傷者や遭難者を出したと言う情報は届いてないので、その飲酒パドリングガイドの現状はクローズアップされるところまでは至ってないようです。ただ犠牲者を出していないから、あるいは気をつけているからやっても良いということにはならず、1日でも早くガイドのあるべき姿を模索して頂きたいものです。

もうひとつ驚くべきことなんですが、こうした飲酒パドリングガイドがツアーガイドだけでなくカヤックの安全講習会などの講師もやっているようで、どういう神経をされているのか私にはさっぱり理解できません。いつも飲酒運転をしているおまわりさんが車の安全講習の講師をしているのと同じですよね。車は駄目だけれどもカヤックならOKなんでしょうか?そんなことはないはずです。

年間でどれだけの時間を割いて安全講習会をやっているのかは知りませんが、仮に何百回やろうとも、自分のツアーでアルコールを出した時点でガイド失格な訳で、犠牲者を出す前に胃袋の欲望を抑える訓練をした方が良さそうです。因みに、この飲酒パドリングガイドはJSCAの認定ガイドらしいのです。JSCAだったら飲酒パドOKな訳はないでしょう!

話は若干逸れますが、備讃瀬戸の宇野港の港湾からカヤックを出し入れしてツアーをやっていたり、コックピットに一杯ビールを積んで、スカートもしないで漕いでいたり、初心者をほったらかしにしてグループがバラバラになって自分だけ先頭で漕いでいたガイドも、そう言えばJSCAのインストラクターだったのを思い出します。


スポンサーサイト

category: シーカヤック

tag: 観光系 飲酒パドリング シーカヤック

[edit]

trackback: -- | comment: --
page top

諸事連絡

今日はなんとも暖かい日だと感心していたら、もうお空は少しご機嫌が悪くなって来たようです。あまりの急激な温度上昇によって雲達は真夏の様相を呈していましたが、それも束の間のことでもう部屋の中は少し肌寒くなってきました。こうした情緒不安定なお空の気持ちはワタシの心にピッタリですが、お互いに健康になろうよ・・・と声掛け合う中でもあります。

さてさて前置きはさておき、この週末から「海の行事」が始まります。土曜日はいつもの浜辺に午前10時集合の予定です。オープニングセレモですが、特別なモノは何も用意していきません。無人島まで漕いで行きランチを食べ珈琲を飲んで少し雑談をして、島を一周して、心の中で各自が安全祈願をして、また戻って来るだけの話であります。まぁ大きな声では申しませんが、食後のデザートなどを持って来て頂いても、文句を言う奴はいないと思います。まぁ期待はしていませんが、ワタシもあってもいいかな・・・と思っております。

それからですな、ある方の預かっているパドルですが、先日やっと塗装を終えました。ので週末もって行きます。

ところで4月上旬から長期出張を予定していましたが、出発前にダウンしてしまいおまけに天気も相当に悪かったので、完全に出張を中止して事務所で静養していました。まんざら寝込むほどでもなかったので、色々と雑用をしているうちに、カヤックの修理などもやっていました。

安く上手くできる方法はないかと色々と試していると、また良い方法を発見してしまいました。以前やって大失敗をしているのでまたしてもそうなるのではないかと密かに「期待」はしていたのですが、全く期待はずれで、修理した箇所が数日経過しても変化がなく固定状態が続いているのには驚きました。つまり上手くいってしまったのです。

ひょっとしたらこれはパドル製作にも応用できるかも知れません。だとしたらかなり画期的だとワタシは思っております。まぁあまりワタシは欲しいとは思いませんが、赤や青のパドルが簡単に作れるかも知れません。間違っても作ろうとは思いませんが、カヤックも作れそうです。

category: シーカヤック

tag: オープニングセレモ シーカヤック

[edit]

trackback: -- | comment: --
page top

平日練試会レポ

IMGP4730.jpg
つい先日の平日練試会のレポートです。遠くからやって来られたお二人です。遠くにも色々とあります。車で1時間も行くと普通に遠いと言う方もいるでしょう。3時間~4時間となるともう日帰り圏内ではないと思いますが、それ以上の時間をかけてやって来られました。ナンと片道7時間半ですが、是非皆さん、驚いて下さい。そして日帰りなのです。

IMGP4731.jpg
そしてこちらの方も日帰りですが、ご近所からのご参加です。もう何年も海での遊びを楽しんで来られている方です。風が無いと遊べない楽しめないタイプの海のスポーツを長年されていて、風が無いときに遊べるスポーツということでシーカヤックが対象になったのではないかと、ワタシは理解しております。

IMGP4732.jpg
随分以前にリバーカヤックにはまって数年間乗っておられたそうです。今回、野塾練試会初参加ですが、昔の感覚を取り戻すべく、終日入り江の中で乗り倒して頂きました。時間の経過と共に水上でのバランス感覚を取り戻して来られたのではないでしょうか?!

IMGP4735.jpg
ほぼ毎日大海原を見ながら仕事をされていて、こんな場所に住んでいてシーカヤックをやらない訳にはいかなと、その積極性と行動力には比類ありません。京都・奈良・滋賀県からの日帰り参加はこれまで何人もおられますが、片道7時間半は過去の記録にありません。すごかろ~の世界です。

IMGP4736.jpg
極楽島からの帰りのコースは、強風&強潮流でちょっとだけ押し流され、途中で上陸してしばらく休憩する場面もありましたが、このVサイン以降は、流れも風も弱くなりスムーズ(?)に、戻ることができました。
-- 続きを読む --

category: シーカヤック

tag: ロール練習 練試会 シーカヤック 野塾 ショート シャフト

[edit]

trackback: -- | comment: --
page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。